2012年8月21日火曜日

アジ釣りの研究

サボりにサボりまくっておりましたw

さて、今回のお題は「アジ」。
はい、あのお魚屋さんで並んでおります、お魚のアジであります。
このアジってのは、日本人の食卓には欠かせないお魚なのですが、釣りの中でも誰でも楽しめる釣りでもあるんですね。

そう、これなんです。ここのところサボっていた訳は・・・
夏になるとアジがやってくるのです! 去年は、手を変え品を変えでアジ釣りに出かけましたが5連覇してしまい、さすがの私も心が折れてしまった訳です。

今年はちょっと気分を変えて、まずは研究から始めた訳です。

アジの生態なんてのは「Wiki」にお任せして、(出た・・・得意の手抜き)
知りたいのは、「どうすれば釣れるのか?」です。(そりゃ、誰でも知りたいですよ)
魚釣りをした事があれば分かると思うのですが、餌が必要です!(当たり前? ここが重要!)
こっちはその釣った魚を食べようって言うんですから、敵さんも何を食べているか知らないといけません。

でもって、調査。
どうやって調べるかって? もちろん釣ったアジの解剖です。胃袋から何が出てくるか?
はぁ・・・ まずは釣らないといけません。(本末転倒)
と、言う訳でこのクソ暑いのに釣りになんか行ってられるかと、涼しい資料室で調査開始であります。
カビなのか紙の匂いなのか、それともダニの匂いか・・・ 大量の本を出したり仕舞ったり・・・

結果
大変、興味深い事が分かりました。
アジってのは、雑食と言う事(感心する程でもないが・・・)
2種類の生物が主たる餌になっている事(これって重要!)

はい、以上です。
これ以上はまだ確証が取れておりませんので、書けません。
この調査結果を元に、さっそく仕掛けを作成してみます!

0 件のコメント:

コメントを投稿