2012年9月25日火曜日

秋らしくなれば・・・ヒイカでしょう!

急に気温が落ちて、秋らしくなって来ました。
今回は、「ヒイカ」のお話。

ヒイカをご存知ない方の為に、ちょっとだけ説明。(詳しくはWiki等で・・・)
ヒイカはジンドウイカ科のイカで体長は10~15cm程度。生息しているのは、北海道南部以南でして・・・主に沿岸で生息しています。東京湾ですと、大体、初夏ならば横須賀周辺。秋口には東京湾全域で釣れ出します。

東京湾奥では、初秋~晩秋までがメインシーズンと言う事で、そろそろシーズンが始まる訳であります。釣り方はいくつかあるのですが、私の場合は・・・

ロッド:    7ft6in程度のメバルロッド
ライン:    PE1号に1.5号のフロロのリーダー
ルアー:  2号くらいの餌木

と言った、至ってシンプルなエギング仕様な訳であります。
ロッドですが、ここはエギングロッドだろう?と言う御意見もあるのですが、相手は10cm程度で、餌木も軽いのでメバルロッドで十分な訳です。それにアタリは海中のビニールを掛けた様な感じですし、しゃくりもあまり必要ではありません。

釣り方ですが、これでも至って単純。イカですからシャクる方がいい様な感じですけでど、基本、底引き。
餌木が着底したら軽くルアーのアクションをする様な感じで巻くだけです。

実際、シャって見ても、底引きでも釣果はあまり変わりません。(昼間はシャクらないとダメの様ですが)
あたりもガツンとは着ません。いきなりビニールを引っ掛けたかな?と言った感じですね。イカが掛かれば、あとはラインを緩めないようにテンションを掛けて釣り上げるだけです。

海中から釣り上げる際にもコツがありまして、やはり敵はイカであります。最後の抵抗をしますので、十分に墨を吐かせてから上げて下さい。(2、3回くらいはピューピューやってくれます)

釣り上げたヒイカは大きめのチャック付のビニール袋(いわゆるフリーザーバッグってヤツね)に入れて、クーラーBOXに入れると、後片付けが大変楽になります。

捌き方は、普通のイカと一緒です。ゲソを抜いて、開いて、皮を剥くと言ったやり方でOKです。
YouTube等で検索すれば、動画付で見れますので、そちらをお奨めします)

忘れる所でした・・・ イカ釣りで結構重要なのは「明かり」ですね。ポイントは水銀灯等の明るい光が海面に当たる所です。中には発電機回して、ライトを照らしながらの方も居ますよ。さらにヒイカは回遊しますので、連続して釣れる時と、掛かりもしない時と交互にやって来ます。ですから、釣れなくなったと言ってポイントを変えると失敗する事もありますので、ご注意をw

この週末に本年度初のヒイカに行こうかなと画策中です。

<釣果>
ヒイカ (妄想のみ)

<今日の料理>
刺身、醤油バター炒め、煮物、姿寿司・・・ (思いっきり妄想のみ)

0 件のコメント:

コメントを投稿