2012年10月15日月曜日

カワハギは中止、筋子からイクラを作ります!

カワハギは土用波の為、中止になりました・・・(残念!)

と、言う訳で、週末は料理に勤しんでおりました。何故かと言いますと、週末のTVでイクラ丼が放映されたらしく、子供達が食べたいと大騒ぎされてしまったからなんですが・・・

えぇ・・・ 関東ではまだ少々早いのですが、お魚専門のスーパーへ足を運んでみます。
やはり、まだ早いんですかねぇ・・・ 筋子が100g、398円です。 これが298円とかになるといいのですが・・・w まぁ、折角ですから、約1kg程お買い上げです。

しかし、1kgともなると結構な量です。しかし、これだけ仕込んでも、あっと言う間になくなってしまいます・・・ 恐るべし、育ち盛りの小学生・・・ (高血圧注意!)

まぁ、前置きはこれくらいで・・・ 筋子からイクラにする方法です! インターネットで検索して下さい!と言いたい所ですが、今日は簡単ですが説明しますね。

用意するもの
-         大きめのボール
-         お湯 50度くらい
-         塩 

はい、早速開始です。 今回は醤油漬けにしますので、まずはその漬け汁を用意します。簡単です。醤油2に対して、日本酒1の割合です。量は筋子の重さの3割くらい。(2割くらいでもいいかな・・・) 鍋に入れて沸騰させて、冷めればOKです。(簡単であります)

次に用意するのは、塩水。ボールにお湯と塩を入れて海水程度の濃さにします。温度は50度くらい、お風呂よりもかなり熱いくらいですね。

さて筋子は、軽く水洗いします。そして膜を破るようにひっくり返します。丁寧にやらないと、潰れますので、ご注意。 そしてお湯の中で丁寧にほぐしていく訳です。(意外と簡単です) お湯が冷めないうちにほぐして下さいね。 もし、ほぐしたイクラが白くなったら、塩を追加して下さい。色が元に戻ります。(多分・・・)

さて、ほぐし終わったら、お湯と塩を追加して、今度は潰れた皮や、ゴミを取り除きます。綺麗になったところで、目の細かいザルに移して10分程、水切りをします。 水切りが終われば、タッパーの様な密閉出来る容器に移し替えて、漬け醤油をひたひたになるまで投入であります。

あとは一晩、冷蔵庫で寝かれれば、完成です!(意外と簡単なのであります) コツは指のお腹を使って、ほぐす事。指先だとなぜか潰れるのが多くなるんです。ほぐれにくいなと思ったら、お湯を追加してみて下さい。(塩も追加するのを忘れずに)

さて、出来上がったイクラの醤油漬けは、熱々のご飯の上にパリっと焼いた塩鮭をほぐしたやつと、イクラを載せて頂きましょう! お好みで、大葉とか、イカそうめん、マグロのブツ切とかをのせてもいいですね。(海鮮丼まっしぐら!)

出来合いのイクラは100gで700円から800円くらいでしょか? こうやって筋子から作れば、約半分くらいの金額で出来てしまうのです。 釣りのない週末は「親父」の復権に、ひとつ仕込んでみては?

<本日の釣果>
なし


<本日の料理>
手作りの鮭イクラ丼
スーパーの刺身
温い燗の日本酒・・・ (季節だなぁ・・・)


0 件のコメント:

コメントを投稿