2012年10月23日火曜日

餌(コマセ)を考える・・・


どうも雨が降って、ジメジメとしていると気分までスッキリしないものです。
ここ連日、週末になると釣りに行けない病が始まり、ますますフラストレーションが溜まる一方なのです。

今日は折角なので、勉強をしましょう! と言っても勿論、釣りのお話。

以前にも書いたのは魚の捕食についてでした。魚が餌を喰ってくれなければ、釣りは成立しないのであります。(鮎の友釣りと言う例外もありますが・・・) 今日は延長。

ボート釣り等で一番お世話になっている餌は、やはりアミエビとオキアミでしょうか。両方とも大きさが違うだけで、同じ物だと思われている方が多いのですが、じつは別の生物です。

(余談・・・ 私の九州の田舎では、アミ漬けなるアキアミ(アミエビ)の塩辛があります。 初めて口にする人はあまりの塩辛さに驚きますね・・・小さじ1杯あれば、日本酒2合は楽勝です。 他にもカニ丸ごと潰し塩蔵したガン漬けなるものもあります。これも塩辛い! さらに殻ごとだから、口の中ジャリジャリです。 これらは間違いなく生活習慣病へ直撃コースを行くような食べ物であります・・・)

そもそも、このアキアミにしてもアミエビにしても、地球上で一番多い生物ではないかと言われているのです。さらに食用に出来れば、栄養満点ですし、大量に発生しますので、ほぼ無尽蔵の様なもの。それに目をつけた会社があったのですが、こいつら実に扱いにくいのであります。すぐ死んでしまうし、死んだら自分の酵素でドロドロになってしまうし・・・ 

まぁ、なんとかスナック菓子(カッパエ●センとか)になったりしたのです。 しかし、その程度では消費量が極端に増える訳でもありません。で、とある出版社の社長が、釣り餌にしてみればどう? と言う訳で、一般に出回るようになったんですね。 確かに、子供の頃、鯵のサビキ釣りといえば、イワシのミンチを使っていましたからね・・・

まぁ、そんなんでアミコマセが普及したと言う訳です。今じゃ、もっと手軽に袋詰めされたサビキ用のコマセが売っていたります。(これは便利。常温保管できるし、カゴに入れる時も手を汚さないで済みます。)
さすがにこの季節にサビキ釣りなんて訳には行きませんが、家族で手軽に釣りにいける餌の1つですね。

使い方をおさらいしておきましょう。通常は冷凍ブロックで販売されています。使う際には解凍して下さい。その際に、目の細かい袋状の網に入れて、海水に放り込んで解凍すると言う手もあります。(良く言われるのですが、お汁が流れ出てダメになりませんか?と言う質問。はい、問題ありません。私は個人的に自然解凍してドロドロのやつよりも、海水解凍した奴の方が好きです。)

他にはザルにいれて、解凍するとか・・・ 解凍後は添加物を投入したり、集魚液につけてみたり・・・ 米ぬかなんかを入れる人もいましたね。 とにかく、工夫な訳です。 

コマセを入れる時も、豪快に手が投入する人、クッキーポンプで入れる人、割り箸で入れる人・・・ それぞれです。最近では100円ショップにいけば、安価な使い捨てのビニール手袋もありますから、それを利用するのも手ですね。

残ったコマセは、出来るだけ海中投棄にないように! 使う分だけ購入して、使い切ったら、釣りを切り上げるくらいの気持ちで行きましょう! どうしても余ったら、再度冷凍してと言いたいのですが、自分専用の冷凍庫がないと無理な話です。 どうしても余ってしまったら、小分けにしてそこにいる魚に餌を撒くようにして下さい。

ただし! 集魚材とか添加物を加えたコマセはダメですよ! 海底に堆積して磯やけの原因になったりします! (添加物の中には、赤土なんてもある・・・) その場合は、こぼれないようにビニール袋にいれて、生ゴミと一緒に捨ててください。

今日はちょっと長くなりましたが、これくらいで!



0 件のコメント:

コメントを投稿