2012年10月26日金曜日

ペペロンチーノ


我が家では、何故か「パパロンチーノ」と呼ばれております。何故か? 簡単ですよ、私が作るからです。

さて、このペペロンチーノ、そんなに難しい料理ではありません。この作り方はイタリア人の友人から習った作り方です。(実際、旨いと思います・・・w) 

この料理、正しくは、「アーリオ・オリオ・ペペロンチーノ」と言います。(長いな・・・) ちなみに本場イタリアでは、家庭料理でレストランのメニューには載っていない事の方が多いそうです。(日本で言うと素うどんとか?)

まぁ、能書きはこれくらいで。作り方。

材料
パスタ (好みの太さ 私のお奨めは1.4mm) 
ニンニク 2片
鷹の爪の輪切り (適当 辛いのが好きなら多く、そうでもないなら少なく・・・)
オリーブオイル
パセリ

下ごしらえからです。(料理は下ごしらえが出来れば、完成したも同然。)

ニンニクはスライス・・・ 同じ厚さになるようにスライス。(大体1mmくらい) 文句は言わない事。

次は鷹の爪。輪切りならそのまま。丸ごとなら2mmくらいの幅でスライス。 辛いのが好きなら、種は取り除かないで一緒にしておく。

パスタを茹でる。たっぷりのお湯で茹でる。パスタ100gなら最低でも水は1リットル以上。 そして塩、大さじ2とオリーブオイル大さじ2を入れるを忘れない事。 湯で時間は、表示されている時間よりも1分少なく。(10分なら9分って具合)

さて・・・ お湯を沸かしている間に、ニンニクを大さじ2のオリーブオイルで炒めます。弱火でじっくり炒めるのですが・・・ 色が黄色になったらニンニクを取り出します。(スプーンでもフォークでも箸でもいいですから・・・) そして鷹の爪の輪切りを残っているオリーブオイルで弱火で炒めるのです。(1分も炒めればOKです。それ以上やっても焦げるだけ・・・) このフライパンにパスタを投入します。

さて、茹で上がったパスタをフライパンに投入したら、茹で汁をお玉1杯分、入れて下さい。そして強火で絡ませる! 強火で絡ませる! 強火で絡ませる!(しつこい?) 30秒もあれば十分ですよ。最後に塩を一つまみいれて、味を調えます。(これは好み 塩ひとつまみ入れれば、結構塩味がつきます。)

皿に盛り合わせたら、トッピングに先程の炒めたニンニクと粉パセリ。これで完成であります。

留学生の一人暮らし。まぁ、そんなに難しい料理じゃないので、覚えておいても損はないですよ。でも、ペペロンチーノってこれだけ食べてもねぇ・・・って感じしますよね。我が家では、ご飯やパンの代わりに作ってますけどね。



0 件のコメント:

コメントを投稿