2012年10月5日金曜日

今夜はニジマスに突撃であります!

今日はサッさと仕事を終わらせて、夜間営業の管理釣り場へ出撃であります!

場所は夏はプール、秋からトラウトフィッシングをやっている東京の遊園地です。週末は夜10時までやっているのが嬉しいのであります。そして、今夜、釣ったニジマス達は、明日の夕食の予定であります。

メニューは何にしましょう・・・ お決まりのムニエル? 自家製タルタルソースでフワフワのフライ? 旬の茸を使ったホイル焼き? 単純明快、塩焼きか? うむ・・・ ちょっと趣向を変えて、フィッシュアンドチップスにしてみるか? 大漁なら燻製も悪くないなぁ。 (釣りよりも食べる方が大切らしい・・・)

想像だけは無限大に広がります! あとは家族の分を確保するだけです。(これが一番難しい・・・)

さて、今日の道具は・・・

竿: トラウトロッド、5ft6in ウルトラライト (15年前の竿・・・)
リール: スピニングリール 1000クラス (10年前のリール・・・)
ライン: ナイロン 4ポンド
ルアー: スプーン2g、3g プラス 掟破りの必殺自作ルアー (全部5年以上使い続けている・・・)

簡単ですね。メーカー品で揃えても、中堅クラスのタックルなら全部で2万円。初心者向けなら1万5千円くらい。安いので揃えたら1万円もしないで全部揃います。それに釣り場所は淡水ですから、道具の傷みも少ないので10年くらい使えたりするんです。

一番高いのは、もしかしたらルアーかもしれません。大体、安いルアーなら1個400円前後。最初は4、5個くらいから始めるのですが、やっているうちに増える増える・・・ 気がつくと100個くらい持っているなんて事もあります。

道具もわざわざ買い揃える事もありません。こういう所は大抵レンタルがありますから、それを使うのも手です。こりゃ、面白い!となって、年に何回か足を運ぶ様になってから買い揃えると言うのも「あり」な訳です。

そして何よりも、餌を使わないから手軽ですよね。女性でも子供でも楽しめるってのがいい。それでもって、釣れたら食べる楽しみもある訳です。ニジマスの捌き方は至って簡単ですから、覚えておいても損はありません。

なんか気分が乗って来ましたね。 
あ、クーラボックス持ってくるの忘れた・・・


0 件のコメント:

コメントを投稿